スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


少女マンガとロマンティックラブ

(2008-09-28)
授業中に学生に好きな少女マンガを聞いたら、「のだめカンタービレ」「NANA」「はちみつとクローバー(終了)」「プライド」などがあがり、「あ、はなだん忘れてた」といわれ、「はなだん?」と聞き返すと、「花より男子」のことでした。「はちくろ」の話をする友達は周囲にいても、もう「はなだん」は流石にいないので、わからなかった(笑)。「君に届け」とか出てくるかなとも思ったけど、もう大学生なので、少し古めなのかしらね。実は「NANA」は初回しか読んでません。流石に買うほどではないので、漫画喫茶に行って読もうと思っているうちに、なかなかマンキツにも行けず、日が経ってしまった。

しかし、学生にもマンガ好きがいて、嬉しかったです。藤本由香里さんがかつて、少女マンガは自分の「居場所」を探す女の子たちの読み物だと分析していて、とても面白く頷いたけど、そういう「近代ロマンティックラブイデオロギー」をもはや少女マンガに探すのは困難になったのではないかと思います。だって、読んでいる読者が「生涯でひとりのひと」以上とつきあっちゃってるしw もうすでに、少女マンガの世界では、悩んだり、突き進んだりしていく、等身大の女の子が描かれていて、ロマンティックラブは、主婦向けのB4マンガの世界に移ってしまっていると思う。それも、スナック片手に読まれて、そのまま新聞と一緒に捨てられてしまうイメージ…。根拠のない偏見ですが、大切に読み込まれるというよりは、消費財のようにさっくりと読み捨てられるような感じです。

で、少女マンガの世界では、ロマンティックラブイデオロギーは終わったよねというと、学生たちの大いなる賛同を得たので、嬉しかったです。のだめは汚部屋に住むだらしない駄目な女の子で、千秋先輩を追い掛け回し、千秋が自分の道を進む脇で、ピアノを究めていこうとする。でも前にも書いたけど、やっと先輩が自分からキスしてくれたときの台詞は、「のだめは今それどころじゃないんでちゅよ!」(訳:自分の音楽性に悩んでるときに、邪魔しないで~!)。恋愛の成就がこんなにあっさりと流されるなんて、すごーく新しいと思いました。

これを70年代少女マンガに翻訳すると、のだめは、片付けられなくて、いつもドジばかりしている駄目駄目な女の子。こんなことじゃ駄目だと思って、片付けようって頑張るんだけど、いっつも失敗しちゃうの(てへ)。そんな自分がコンプレックスで、いつも自信がもてないでいたら、千秋先輩が、「そんな君でいいんだよ。君にはピアノの才能があるよ!」と才能を見出してくれて、いつも先輩の力で乗り越えられてきたの。千秋先輩は、のだめのことを単なる後輩で、放っておけないって思っているのかな? 女としては見てくれてないの? 不安でずっと悩んでいたのだめだけど、やっと千秋先輩が、「馬鹿だな、もちろん君のことは、可愛い女の子だと思ってきたよ。当たり前じゃない」ってキスしてくれたの。「ずっと放さないよ」って。ああ、幸せ。ずっと一生、一緒にいようね。

みたいな感じでしょうか? それで、わけもなく、のだめがもてまくり、でも潔く身を引いてくれたりというような恋の駆け引きがいくつか入る。典型的には、山岸涼子さんの「アラベスク」みたいになってもおかしくない話が、現代的になったら、のだめになるのではないかと。

でも「テレプシコーラ」では、すでに恋愛の要素がなくなってますもんね、山岸さん。古典的なロマンティックラブの少女マンガって、あるんでしょうか? すごく知りたい。



スポンサーサイト


日本のお金持ち妻研究

(2008-09-24)
ブログを新しくしたので、珍しく2日連続で書きます。

階層研究において、女性の地位をどう測定するかというのは、難しいテーマであり、技術的にも、社会学者を悩ませてきた問題です。端的にいえば、単に技術の問題ではなくて、どの様な指標を使うかということ自体が難しいというか、立場を迫られる問題ですものね。「自分で200万円稼ぐOLと夫の年収が800万円の専業主婦の階層をどう較べればいいのか?」という問いには、社会学者じゃないひとでも頭を悩ませるでしょう。

女性の場合は、結婚による階層の再定義が気になるところですが、『日本のお金持ち妻研究』は、その謎に迫れるのか、と思い、かなり期待して読みました。序章、「容姿端麗は絶対条件ではない」。かなり期待を抱かせますね? 以前橘木さんも『女女格差』で編集者に薦められたと容姿論を熱心に展開されていた(でも、ちょっと裏切られた)記憶があるのですが、後書きで確認したら、どちらも東洋経済の同じ編集者の方でした。うむむ、面白いですね。

それはさておき。お金持ち妻は、容姿端麗である必要はないそうです。えっ、玉の輿って美人じゃなかったの?と思われるかもしれませんが、考えてみれば当たり前のことかも。というのは、調査対象者は、年収一億の超金持ち(に年収3000万円以上のひとを加えたもの)だから。それだけお金持ちだったら、「コンパニオンから玉の輿」みたいなルートがほとんどないのがわかります。それで超お金持ち妻は、ブランド物にも関心がなくて、倹約家なんですって。超お金持ち妻にかんしては、確かに納得。

で、疑問に思うのは、それでは、「ブランド物をたくさん持ってます~」というような、雑誌に出てくる成金(?)美人のそれなりお金持ち妻は、どこから来てるの?ってこと。わたしはむしろそちらのほうが気になりました。あと、調査対象者は、よくわからなかったのですが、6000人の超お金持ちの全数と、ランダムサンプリングをした3000万円以上のそこそこお金持ちの1000人の合計7000人にアンケートを郵送して、有効回答数は、108通だったということだったんでしょうか? うーん、ちょっと少ないのでは…。「キャリアウーマンからお金持ち妻」ルートが意外に多いという結論でしたが、それは超お金持ちにも当てはまるんでしょうか? そこそこ(というネーミングが妥当かは疑問でもありますが)お金持ち妻は、納得がいくんですが、超お金持ちって、いまだにお見合いとかして、財産を守るようなイメージがあるんですけど。どうなんだろう?

個人的には、「お金持ちの出産、家事、育児、子育て」をもう少し読みたかったです。お金持ちの子ども数が少ないことは、家族社会学では、ある程度、もう通説になっているのですけどね。「子どもに教育をしようとすればするほど、子ども数は少なくなる」というのは、もう自明のとされるほどなんじゃないかな? この要素が抜け落ちていると、ちょっと説得力に欠けます。そして子どもを教育によって階級上昇させようと思うとき、重要なのは、母親が高学歴専業主婦であること、というのも教育社会学ではある程度常識なのでは? 専業主婦の分析のときに、それは外せないかも。ほかの分野のジェンダー・家族研究と照らし合わせながら、分析をされると、もっと分析が豊かになったのではなかなと思いました。

うーん。何だか、書いてみると辛口の感想ですみません。でも面白いテーマだと思いました。

日本のお金持ち妻研究
森 剛志 小林 淑恵
東洋経済新報社
売り上げランキング: 4276

 
(画像を出したいので貼り付けていますが、アフィリエイトとかそういうのが嫌いだという方は、クリックしないで、自分でアマゾンほかに行ってから、検索してくださいね。よろしく)。


引っ越しました!

(2008-09-23)
ブログを新しく移しました。以前から考えていたのですが、ついに。gooのブログも悪くはないのですが、もう少しカスタマイズできるほうがいいかなぁと思い、思い切りました。アマゾンで検索しても、『アメリカという記憶』しか出てこないのも淋しいし。ただgooからの引越しに対応していないので、昔書いた記事ほかはそのままにしておきます。

旧Tokyo日記はこちら

今週から新学期が始まります。今は授業の準備に追われていて、ちょっと大変です。また大幅に今までとは違う授業をもったりしているので。

ジェンダーの社会学は、生物学的に「男」「女」であるということはどのように考えられているのか、そして考えられてきたのか、ということを中心にやっていきたいと思います。本当は生殖医療についてやろうかと思ったのですが、基礎的なことをまずやったほうがいいかなぁと思って、基礎の基礎からやります。生物学の言説って、断片的にしか理解していなかったのですが、よく知っていくとロマンがありますね。とくに単性生殖が有性生殖に切り替わるあたりとかは、進化(?)のロマンを感じました。太古の海などを連想すると引き込まれていく感じ…。まぁ、わたしの勝手なファンタジーですが。

総合の社会学は、今度は、漫画でやります。今年限りの授業なので、大丈夫かちょっと自分でも心配ですが。少女マンガとボーイズラブ漫画にみるロマンティックラブイデオロギーの変遷と構造の分析をしてみたいと思います。少女マンガは、『ベルサイユのばら』あたりから行こうかと…。ボーイズラブのほうはちょっと心配だけど、大人なひとだけ来て欲しいです。18禁ですが、大学なので、多分、みんな18は超えていると思いますが…。最終的にはいたって真面目な家族社会学の授業になる予定なんですけど、どうでしょうか? 来年あたり、真面目に家族社会学会でボーイズラブ分析を発表したいです(笑)。いや、(笑)じゃなくて、本気です。

文献講読は連動させて、中島梓さんのタナトスの子供たち―過剰適応の生態学 (ちくま文庫)を読みます。前期が「格差社会」モノだったことを考えると、すごい落差ですが。この本、最近評判が悪いんですが、でもわたしは個人的にはまだまだ面白いと思っているので、もう一度じっくり読み直してみたいのです。文体が独特なので、ひとりで読むのも大変だろうということで、文献講読で。この文献講読も今年度限りの授業なので、淋しいですね。こじんまりとしていて、面白かったのですが。

1980年代論ということで、1985年の男女雇用機会均等法からフェミニズムとネオリベラリズムがどのような関係を切り結んできたのかについて、『大航海』に書かせてもらいました。あまり宣伝ばかりするのもどうかと思いますが、画像を貼っておきます。日頃思っていることをちょうど書けたので、個人的には楽しかったです。興味がある方は、お読みください。







著書

(2008-09-23)
【単著】
『日本型近代家族 -どこから来てどこへ行くのか』,2011年3月,勁草書房.
『女性学/男性学』,2009年11月,岩波書店,1-171頁.

【編著】
『上野千鶴子に挑む』,2011年2月,勁草書房.


【共著】(他のものは論文のカテゴリーにあります)
『ジェンダー論をつかむ』,2012年3月,有斐閣(中西祐子・青山薫と共著).
『喪男の社会学入門』,2010年9月,講談社(カラスヤサトシとの共著).


論文【学位論文・学術論文】

(2008-09-22)
【学位論文】

『「家」のメタ社会学:家族社会学における「日本近代」の構築』,2001年3月,東京大学大学院人文社会系研究科博士号(社会学)学位取得論文
『日本家族社会学の再検討:「近代家族」論の視角から』,1996年12月,東京大学大学院人文社会系研究科修士号(社会学)学位取得論文
『家族社会学のテクスト分析:「日本的なるもの」の歴史』,1995年1月,東京大学大学院教育学研究科修士号(教育学)学位取得論文

【論文】
「恋愛と結婚はつながっているのか? ロマンティックラブ・イデオロギーを見直す」、千田有紀、「ジレンマ+」編集部編、『女子会2.0』、査読なし、52-63頁、2013年6月(NHK出版).
「格差社会を生きる若者とフェミニズム」、千田有紀、岩波書店編集部編、『これからどうする 未来のつくり方』、査読なし、2013年(岩波書店).

「ライフスタイルの公正と家族」、千田有紀、日本女性学会 日本女性学会学会誌『女性学』17号、(依頼論文)、12-21頁、2012年3月(新水社).
「恋愛のなかの私」、千田有紀、矢田部圭介・山下玲子編『アイデンティティと社会意識』、査読なし、50-66頁、2012年3月(北樹出版).
「貴腐人、もしくは汚超腐人の密かな愉しみ」、千田有紀、『ユリイカ』12月号、査読なし、64-71頁、2012年11月(青土社).

「ウーマンリブ――近代家族の完成と陥穽」,2011年3月,大門正克ほか編,『成長と冷戦への問い 高度成長の時代3 』,大月書店.
「『対』の思想をめぐって」,2011年3月,千田有紀編『上野千鶴子に挑む』,勁草書房.
「これからの日本の結婚・家族 (特集 つながりの原点"家族"を問う) -- (日本の家族のこれまでとこれから)」 ,2010年7月『CEL 93』:3-9頁.
「フェミニズムと家族研究」,2010年11月,『家族社会学研究』22 (2)巻,日本家族社会学会学会誌:190-200頁.
「女性の現状と社会進出」,2010年6月,上島国利監修,平島奈津子編著『治療者のための女性のうつ病ガイドブック』,金鋼出版:79-86頁.
「新自由主義の文法」,2010年5月,『思想』1033号,岩波書店:172-191.
「アメリカ社会の中での男性と女性」,2008年2月,『児童心理』62巻4号:367-371頁.
「1985年のジェンダー:フェミニズム・ネオリベラリズム・ニューアカデミズム」,2008年9月,『大航海』68号,
新書館:367-371頁.
「家族社会学の現在」,2006年12月,富田武・李静和編『家族の変容とジェンダー』,日本評論社
「ブレンダの悲劇が教えるもの」,2006年1月,『大航海』 57号,新書館
「アイデンティティとポジショナリティ:1990年代の『女』の問題の複合性をめぐって」,2005年12月,上野千鶴子編『脱アイデンティティ』,勁草書房
「引き裂かれた『女』の全体性を求めて」,2004年3月,日本女性学会学会誌『女性学』12号
「アメリカの家族と社会:ポスト近代家族のゆくえ」,2003年11月,『神奈川大学評論』46号(特集・社会空間の変容--"脱"<家族・婚姻・セクシュアリティ>の時代)
「帝国主義とジェンダー:『資料 ウーマンリブ史』を読む」 ,2003年12月,加納実紀代編『リブという<革命>』,インパクト出版会
「『アメリカ』を読み解く」,2003年7月,『大航海』47号,新書館
「家族規範の成立と変容」,2003年4月,土屋葉編『これからの家族関係学』,角川書店
「さまざまな『家族』のかたち」,2003年4月,土屋葉編『これからの家族関係学』,角川書店
「ジェンダー論の現代的展開」,2002年7月,『家族研究年報』27号(家族問題研究会学会誌)
「フェミニズムと植民地主義:岡真理によるFGM批判を手がかりとして」,2002年6月,『大航海』43号,新書館
「『核家族』とはどのような問題か」,2002年5月,広田照幸編『<きょういく>のエポケー 第一巻 <理想の家族>はどこにあるのか?』,教育開発研究所
「『家』のメタ社会学:家族社会学における『日本近代』の構築」,2002年4月,佐々木潤之介編『日本家族史論集1家族史の方法』,吉川弘文館
「女性研究者の現状」,2002年,『女性学』9号,日本女性学会学会誌
「構築主義の系譜学」,2001年2月,上野千鶴子編『構築主義とは何か』,勁草書房
「『日本のフェミニズム』とは何か」,2001年6月,『大航海』39号,新書館
「家族社会学の問題構制:『家』概念を中心として」,1999年6月,『社会学評論』50号1巻,日本社会学会学会誌
「『家』のメタ社会学:家族社会学における『日本近代』の構築」,1999年4月,『思想』4月号,898巻,岩波書店
「家父長制の系譜学」,1999年1月,『現代思想』1月号,27-1,青土社


プロフィール

千田有紀

Author:千田有紀
メールはsendayuki☆☆gmail.com(☆☆を@に変える)にお願いします。東京外国語大学のアカウントとソネットのアカウントは、すでに使用を中止しています(はじかれませんが読めません)。

引っ越しました
Tokyo日記より引っ越しました。よろしくお願いします。 管理人は、千田有紀です。学歴職歴などの経歴はこちらを。今までの著書、編著論文翻訳事典ほか時評ほか書評学会発表研究助成活動は、それぞれクリックしてください。カテゴリーの業績一覧をクリックしていただければ、もっと早いです。 前の日記で書いたBLスタディーズは、こちら。ほかの方にも取りあげて戴いたので、リンクをはっておきます。 業績などの一覧は大学のHPでも見れます。こちらのほうがきちんとまとまっております。
Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
今までの論文
今まで書いた論文の一部を紹介します
日本型近代家族―どこから来てどこへ行くのか
千田 有紀
勁草書房
売り上げランキング: 53897
日本の近代家族について。ここ10年ほど書きためたものと、1990年代以降の変化を踏まえて日本の近代家族をどうとらえればいいのかの書き下ろし。
上野千鶴子に挑む
上野千鶴子に挑む
posted with amazlet at 11.08.29

勁草書房
売り上げランキング: 61697
いちおう上野さんの退職記念論文集です。あまりない形式かもしれませんが…。
喪男の社会学入門 (アフタヌーンKC)
カラスヤ サトシ 千田 有紀
講談社 (2010-09-22)
アフタヌーンKCから出ていますが、いちおう対談本です。 もちろんカラスヤさんのマンガもふんだんに。
女性学/男性学 (ヒューマニティーズ)
千田 有紀
岩波書店
売り上げランキング: 2228
ヒューマニティーズのシリーズのなかの1冊です。いちおう「高校生にもわかるように」書いたのですが、どうでしょうか? でもですます調で、わかりやすくを心がけています。
日本家族史論集〈1〉家族史の方法

吉川弘文館
売り上げランキング: 939397
「『家』のメタ社会学:家族社会学における『日本近代』の構築」が掲載されています。日本家族史論集のシリーズの初巻です。 「家族社会学の現在」が掲載されています。
これからの家族関係学 (武蔵野大学通信教育学部テキストシリーズ)
土屋 葉
角川学芸出版
売り上げランキング: 300248
「さまざまな『家族』のかたち」、「家族規範の成立と変容」。教科書です。
リブという“革命”―近代の闇をひらく (文学史を読みかえる)

インパクト出版会
売り上げランキング: 648492
  『資料 日本ウーマン・リブ史』について書きました。これは珍しく、思っていることを存分に書けた気がします。   画像がでませんが、戦後核家族論について書きました。
脱アイデンティティ
脱アイデンティティ
posted with amazlet at 08.09.22

勁草書房
売り上げランキング: 63595
ポジショナリティ論について書きました。いろいろあって、少し舌足らずかもしれません。今ならもう少し違ったように書けると思うのですが、そのときにしか書けないものもあるのかなとも思います。
構築主義とは何か
構築主義とは何か
posted with amazlet at 08.09.22

勁草書房
売り上げランキング: 50635
構築主義の学説史・理論的整理。思いがけず、たくさんのひとに引用してもらって、嬉しかったです。
アメリカという記憶―ベトナム戦争、エイズ、記念碑的表象
マリタ スターケン
未来社
売り上げランキング: 287944
エイズという表象についての章を訳しました。かなり興味深い論考で、アメリカに限らず、歴史と記憶、表象をめぐる政治について考えたい方にはお勧めです。
セクシュアリティ
セクシュアリティ
posted with amazlet at 08.09.22
ジェフリー ウィークス
河出書房新社
売り上げランキング: 400704
院生のときに訳したものですが、まだ古びてはいないと思います(かな?)。
戦後思想の名著50
戦後思想の名著50
posted with amazlet at 08.09.22
岩崎 稔 成田 龍一
平凡社
売り上げランキング: 156900
川島武宜「日本社会の家族的構成」について。
“ポスト”フェミニズム (知の攻略 思想読本)

作品社
売り上げランキング: 128633
ネオリベラリズムとフェミニズムについてまとまったものを書いたのはこれが初めてでした。 「戸田貞三『家族構成』」、「有賀喜左衛門『日本家族制度と小作制度』」、「中根千枝『家族の構造』」について。渋いところですけど、面白いですよ。
倫理 2008年度 (2008) (NHKラジオ NHK高校講座)

日本放送出版協会
売り上げランキング: 423068
ラジオ講座のテクストです。とにかく綿密にチェックしていただいて、びっくりしました。かなりじっくり書きました。
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。