スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新自由主義

(2009-07-30)
まとめて原稿を書こうと思うと、ぐーっとひとつのことについて考えなくてはならないことが、かなり難しい。ひとつのことを中断されずに考えることも難しいけれど、実際に書くとなると、心のなかの雑念を追いださないと書けないので、それも難しい。

どんな些細な文章でも(報告書のようなものは別)、ある意味、心を澄ましていないと書けないようなところがある。

それはさておき。
新自由主義に対抗するってなんて難しいんだろうなぁと思う。

戦後の平和の枠組みでは、ラディカルでいることって容易かったのだけど、90年代以降の枠組みでは、むしろ「改革」を進める「保守」のほうが、ラディカルにみえる、というパラドクスがある。その枠組みって、きちんとまだ問い直されていないんじゃないか。

構造改革が非正規雇用、ワーキングプアを生み出し、セーフティネットは構築されておらず、というような意味では、それを批判するのは、容易くなってきた。ただそれでは、具体的にどうすればいいのか、ということを考えたときに、以前のような社会システムにはもう戻れないし、戻ることが共感を呼ばない。また新たな方策であったとしても、現実を知らない、単なる夢見がちなひと、古臭いひととしか思われない、ような社会の変化が起こっているんだなと思う。

もう廃刊してしまった『大航海』の1980年代特集で去年、1985年について書かせて貰ったけれど、この社会のジェンダー的編成を考えるときに、85年は大きなターニングポイントだと思う。日本型雇用を前提としたジェンダー政策と、男女共同参画的な達成主義的ジェンダー政策が同時に方向づけられたという意味で、今の社会のある種の矛盾を決定づけた年ともいえる。

ただ、ネオリベラリズムにかんしていえば、ネオリベがある種の閉塞感に風穴をあけたことだけは否定できないような気がするのだ。完全雇用に守られて、特定の人間だけを保護してきた日本型経営の社会は、確かに息苦しかった。会社の不祥事に、会社と心中して自殺した人間がいたなんて、今では信じられない、というようにいうことは、少なくともできるようになった。

今にして思えば、「アメリカ的リベラリズム」のある部分は、たんなるネオリベラリズムから来ていた部分は大きいのではないか。日本社会が「アメリカ化」しているのを肌で感じるときがある。それは正規雇用の解体といった点だけではなく、なんというか、ある種の「正義」(ときにそれが市場的価値だったりするのが)は守られるべきだという、自分の所属集団(職場に所属できなくなってきているから)以外に忠誠を誓うことが許されるといったような、そういうような変化である。またネットの匿名空間なら、いいたいことがいえるようになったという技術の構造的変化にも支えられているが。

少なくともジェンダーの問題は、劇的に変化した。女性の雇用の非正規化という意味では、悪い方向に。標準的ライフコースが崩壊しつつあることは、いい方向? でもそのライフコースが特権と化しているという意味では、あまり良くない方向に。

まぁこういう風に何も考えずに、思いつくまま原稿が書ければいいんだけど、やはりお金を貰う原稿は、論理的であろうと思うと、どうしてそうはいかないのである。残念…。

スポンサーサイト


この夏の抱負

(2009-07-26)
今日はオープンキャンパスで、わたしも相談員を努めてまいりました。
たいして「相談」には載れなかったのですが、でも去年からの強制的なOJTのお蔭で(?)、それなりにはよどみなく、武蔵大学のシステムについてお話できるようになったなぁという気がしました。社会学についてはどうかわからないけど(笑)。

本当にこじんまりとした大学ですが、きちんと勉強したいひとには、お勧めです。
かなり労力を割いて地味にゼミ&卒論指導をやっているので、本当にびっくりしますが。

池袋がターミナル駅というイメージ(江古田)がありますが、新江古田もあるし(大江戸線)、新桜台(有楽町線→副都心線)も近いので、新宿、渋谷をターミナル駅にもできるし、JR中央線からはバス(高円寺からだと10分。本数は少ないけど。中野からだと20分くらい)、西武新宿線も同様にバスがあるので(野方からだと5分くらい? 新井薬師10分)、交通の便は割といいです。あんまり知られていないけど。

さて、大学のPRはさておき。
やっと夏休みです。
今年の夏は、アメリカ社会学会にも行くのですが、それ以外は(NHKのラジオのとり直しと)…本を書きます。
今まで溜まっていた約束をとりあえず全部果たして、身軽になる予定。

とくに岩波書店のヒューマニティーズのシリーズは(『女性学/男性学』)、宣伝はもう打たれているので、きちんと終わらせます。春休みに書こうと思ったのですが、今年は職場で1年目ということもあり、無理でした。残念。

振り返ってみると、今まで、なんと就職してから、とくにアメリカから帰ってからの業績のないことかと思い、わたしよりも年下のひとが本をちゃんと出版しているのに、「本当になーにやってたんだろーなー」と思います。自分なりに原因はわかっているのですが、研究者として本来一番生産的であるべき時期を、無為に過ごしたことを、本当に悔しく思います。

書きたいものも、書くべきものも、自分の頭のなかにあったのに、自分の使命を果たしてこなかったなぁという気持ち。とくに社会学は時代とシンクロする学問ですから、機会を逃すことで、意味がなくなってしまう原稿もたくさんあったのです。書いては消し、書いては消しのまま、完成させずに、放ったらかされてきた原稿の多さに、自分でも馬鹿じゃなかろうかと思います。

例えば原稿の50枚って、10枚×5もしくは15枚×3+αでしかない、たったそんな枚数なのになぁ…。
心理的にはその100倍ほどに感じられていたのでした。

宣言しないとやらないと思うので(宣言してもやらないかも知れませんが、それは格好悪いので)、今後きちんとしたかたちにするものは、少なくとも

・社会学とは何かという理論書
・ジェンダー論のテキスト
・家族社会学で研究してきたもののまとめ
・ジェンダーと植民地主義で研究してきたもののまとめ
・性について思考するということについて(←『女性学/男性学』)
・ボーイズラブ分析

で、できるだけ早く片をつけたいと思います。
(自分で勝手に思っているだけですけど)。

今年は日本社会学会でも10年ぶりに発表するし(今まで、学会はシンポや司会以外、積極的にやってこなかった)、家族社会学会でも「家族社会学のこの20年」について発表させてもらうし、上手くいけば一回は英語でも発表します。

自分でも、そういえば研究が好きで、この仕事をしていたんだよなぁということを思い出す昨今。
結局のところ、好きなことだけやれればそれで幸せだなぁという当たり前のことを実感します。
自分の良心にしたがって、仕事がしたいです。



DS買いました。

(2009-07-23)
また放置しているうちに、広告が上に出てしまったので、書きます。
いつの間にかコメントも承認制になっていたので(あまりに放置しすぎたから?)、とりあえず直しました。確かにエロスパムも入っていたのですが…。

ええーっと、コメント下さった方、どうも有り難うございました。
どれも興味深く、読ませていただきました。
非公開コメントにされているので、内容についてはお返事、どうしようかなぁと思いましたが、とりあえずここでお礼を述べておきたいと思います。

やっと授業とテストが終わり、一息つきました。
一日でテスト→採点→登録を終わらせたので、疲れた…。
溜まっていた書類+原稿、頑張らねば。

…。

最近、DS買いました。
衝動買いです。

というのも、最近、自分の英語能力の低下が酷すぎて、「こんなので調査のとき、英語でインタビューなどしたら、日本の恥さらしになってしまう…!!」と、危機感を感じたからです。

自分でいうのもなんですが、いちおう英語を読むことはできます。
(だって翻訳も2冊出しているし)。
でも翻訳は、嫌いです。
うっかり者の早とちりなので、自分でもよく単語他読み間違って、あれれと思って後で直すし。
何よりも、間違いがないように最後のところでチェックするところ、英語の固有名詞他の定訳を探すこと、英語の本などの翻訳を探すこと(とくに雑誌論文など)、そういうの煩わしさに死ぬ、と思いました。が、最近、インターネットがあるので、簡単にできるのかも(出版は遅れましたが、訳した当時は、そんなものはなかった)。

外書購読をこの2年もってないので、英語力も低下の一途でまずいです。

書くのは、まぁまぁ。だって書けないことは、書かなきゃいいだけですから。表現を変えたりして乗り切る。ただ自分でも、日常語と重い単語のバランスが悪い文章だなと思います。

聞くのは、大学のなかでなら、何とか。
全く知らない内容のことを1から聞くのはかなり骨が折れますが。
学生同士の会話は、短いけど早口で、本当に難しいです。

さて問題は、本当に喋るときに、「あうあうあうあうあうあうあうあう…」となる昨今。
一度「あうあう」したときに、相手のいうことを訳してくれた人がいて、その場では「?」と思ったけど、あとで「聞きとりもできないと思われていたのねっ」と気がついて、流石に涙しそうになったことが。

原因は、まず、自分の身の丈にあわない、分不相応なことをいおうとすること。
どちらかというと理論について喋らなきゃいけないことが多いので、おそらく日本語で聞いた日本人でも、学問に関心のないひとには、わかんないことを、英語でいわねばならぬのです…。しかも、喋っているときに、自分自身がまだわかってないことを、整理しながらいいたい、って、そんなの無理だなぁ。

しかも、英語の文献や英語の定訳を覚えていないと、喋られない。友人が英語で「下部構造」がわからず、馬鹿にされたと、英語がわからなかったから、いえなかっただけで、マルクスくらい知ってるわっと悔しがっていましたが、確かに、sub-structureと聞けば、「ふぅん、下部構造」と思うものの、日本語から訳すのは難しい。Unterbau(土台)と聞いて、わかんないアメリカ人が悪いんじゃないの?と毒づきたくなりますが、MachtとPowerは、わたしたちの頭の中では、別物ですよね。覚えたコンテクストが違うし(ただフランス語とかはわからないので、フーコーの生権力は、bio-powerで違和感なしですけど)。

ただ単に、もうどういっていいのかわからない単語も多々あります。日頃から意識して覚えないと、やっぱり、覚えられない…。

しかしそんな高尚なことはさておき。問題は、「昔覚えた簡単な熟語を忘れている」ということも大きいのです。疲れたは、be tierd fromだったっけ? 飽きるは、of? あれ? 逆? みたいなレベルで、ときどき本当に忘れてるんですよ…。明らかにこの手の英語力のピークは、大学の2年生終了時でした(ひょっとしたら、大学入試?)。

というわけで、長くなりましたが、DSで『ターゲット英熟語1000』(笑)をやってみました。

…。センター試はばっちりになりました(たぶん)。

高校生の習う英語って、バランス悪いというか、廃れたような変な言い回しと、妙に硬い言い回しと、現代的な用法が混在していて、変だ。例えば、break upなんて、若者の間の口語では、「(彼氏と)別れた」以外で聞いたことないし。all of a suddenって、確かに死ぬほど習ったけど、普通はsuddenlyでいいじゃん、硬いなぁと思う一方、イコールでout of the blueって書いてあって、ふぅん、そんな言い回しがあったんですか?とびっくりするという塩梅。

えーっと何が書きたかったかというと、今はDSとかあっていいなぁ。大学時代ドイツ語の電子辞書があったらいいのになぁと切望していたわたしとしては(英語ももってなかったけど。ひょっとしたらあったのかしら?)、今の若者が恵まれていて羨ましすぎます。という話でした。




プロフィール

千田有紀

Author:千田有紀
メールはsendayuki☆☆gmail.com(☆☆を@に変える)にお願いします。東京外国語大学のアカウントとソネットのアカウントは、すでに使用を中止しています(はじかれませんが読めません)。

引っ越しました
Tokyo日記より引っ越しました。よろしくお願いします。 管理人は、千田有紀です。学歴職歴などの経歴はこちらを。今までの著書、編著論文翻訳事典ほか時評ほか書評学会発表研究助成活動は、それぞれクリックしてください。カテゴリーの業績一覧をクリックしていただければ、もっと早いです。 前の日記で書いたBLスタディーズは、こちら。ほかの方にも取りあげて戴いたので、リンクをはっておきます。 業績などの一覧は大学のHPでも見れます。こちらのほうがきちんとまとまっております。
Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
今までの論文
今まで書いた論文の一部を紹介します
日本型近代家族―どこから来てどこへ行くのか
千田 有紀
勁草書房
売り上げランキング: 53897
日本の近代家族について。ここ10年ほど書きためたものと、1990年代以降の変化を踏まえて日本の近代家族をどうとらえればいいのかの書き下ろし。
上野千鶴子に挑む
上野千鶴子に挑む
posted with amazlet at 11.08.29

勁草書房
売り上げランキング: 61697
いちおう上野さんの退職記念論文集です。あまりない形式かもしれませんが…。
喪男の社会学入門 (アフタヌーンKC)
カラスヤ サトシ 千田 有紀
講談社 (2010-09-22)
アフタヌーンKCから出ていますが、いちおう対談本です。 もちろんカラスヤさんのマンガもふんだんに。
女性学/男性学 (ヒューマニティーズ)
千田 有紀
岩波書店
売り上げランキング: 2228
ヒューマニティーズのシリーズのなかの1冊です。いちおう「高校生にもわかるように」書いたのですが、どうでしょうか? でもですます調で、わかりやすくを心がけています。
日本家族史論集〈1〉家族史の方法

吉川弘文館
売り上げランキング: 939397
「『家』のメタ社会学:家族社会学における『日本近代』の構築」が掲載されています。日本家族史論集のシリーズの初巻です。 「家族社会学の現在」が掲載されています。
これからの家族関係学 (武蔵野大学通信教育学部テキストシリーズ)
土屋 葉
角川学芸出版
売り上げランキング: 300248
「さまざまな『家族』のかたち」、「家族規範の成立と変容」。教科書です。
リブという“革命”―近代の闇をひらく (文学史を読みかえる)

インパクト出版会
売り上げランキング: 648492
  『資料 日本ウーマン・リブ史』について書きました。これは珍しく、思っていることを存分に書けた気がします。   画像がでませんが、戦後核家族論について書きました。
脱アイデンティティ
脱アイデンティティ
posted with amazlet at 08.09.22

勁草書房
売り上げランキング: 63595
ポジショナリティ論について書きました。いろいろあって、少し舌足らずかもしれません。今ならもう少し違ったように書けると思うのですが、そのときにしか書けないものもあるのかなとも思います。
構築主義とは何か
構築主義とは何か
posted with amazlet at 08.09.22

勁草書房
売り上げランキング: 50635
構築主義の学説史・理論的整理。思いがけず、たくさんのひとに引用してもらって、嬉しかったです。
アメリカという記憶―ベトナム戦争、エイズ、記念碑的表象
マリタ スターケン
未来社
売り上げランキング: 287944
エイズという表象についての章を訳しました。かなり興味深い論考で、アメリカに限らず、歴史と記憶、表象をめぐる政治について考えたい方にはお勧めです。
セクシュアリティ
セクシュアリティ
posted with amazlet at 08.09.22
ジェフリー ウィークス
河出書房新社
売り上げランキング: 400704
院生のときに訳したものですが、まだ古びてはいないと思います(かな?)。
戦後思想の名著50
戦後思想の名著50
posted with amazlet at 08.09.22
岩崎 稔 成田 龍一
平凡社
売り上げランキング: 156900
川島武宜「日本社会の家族的構成」について。
“ポスト”フェミニズム (知の攻略 思想読本)

作品社
売り上げランキング: 128633
ネオリベラリズムとフェミニズムについてまとまったものを書いたのはこれが初めてでした。 「戸田貞三『家族構成』」、「有賀喜左衛門『日本家族制度と小作制度』」、「中根千枝『家族の構造』」について。渋いところですけど、面白いですよ。
倫理 2008年度 (2008) (NHKラジオ NHK高校講座)

日本放送出版協会
売り上げランキング: 423068
ラジオ講座のテクストです。とにかく綿密にチェックしていただいて、びっくりしました。かなりじっくり書きました。
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。