スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


民主圧勝

(2009-08-31)
選挙の結果が出ました。民主党の圧勝ですね。
途中経過をチラッとだけテレビで見ましたが、綿貫さんが
「小泉さんが、自民党をぶっ壊すといって、本当に壊してしまいましたね」
といったのが印象的。

いや本当に、今現在の状況も、そのあと次々と内閣が退陣しなきゃいけなかったのも、元をただせばすべて小泉さんにあるというのに、小泉さんが無傷なのは、何という皮肉かと思います。
自分の地盤を継がせて、次男まで当選させているし。
どういうことなんでしょうねぇ…。

前回の郵政民営化選挙のときには、「国民の判断」とやらに、すごく絶望的な気持ちになったのを覚えています。あのときに自民を支持し、今回民主に鞍替えした多くのひとに、郵政の民営化について今はどう思っているのか、聞いてみたい。嫌味ですけど。
そして当時、民主は自民以上に構造改革支持だったように、記憶しています。

現状の格差社会の出現のもと、皆は小泉以降の首相に「ノー」を突きつけました。
でも、現状を作り出したのは、すべて小泉構造改革なんだよねぇ…。
格差社会が問題だというのはわかっている、けれど構造改革はまだ必要だと思っていたりするひとが多数いるこの不思議。

公務員の首切りをやめて、公務員に安定雇用を。
大学の学問なんて役に立たなくていいし、象牙の塔でつまんない研究していても、研究費はあげましょう。
国民健康保険を払わないのに、保険だけ使うひとがいても、仕方ないよね。
生活保護の不正受給って許せる?

こういうことにイエスといえるようになってはじめて、格差社会を批判できるんだと思う。
「生活保護の不正受給をするやつがいるから、困るんだ。もっとちゃんと審査しろ。生活保護は、無駄だ」という舌の根の乾かないうちに、生活保護を貰えなくて餓死したひとに「ひどい。行政はしっかりしろ!」と怒るのって、矛盾していると思うんですよね。もちろんわたしも、生活保護の不正受給を支持しているわけでは決してないのですが、そんな例外的なケースをとりあげて(水際作戦しているのに)、生活保護一般を否定するような心性に、決別しない限り、格差社会は続けられるでしょう。

そもそも、公務員を削減したりしたら、一番弱い部署にしわ寄せがいくのなんて、あきらかです。それは、教育であったり、福祉であったりするわけですよ(官製ワーキングプアがでているのに、現場でしっかりするのも難しいですよね)。国立大学の民営化だって、文部科学省が弱い立場だから、大学の先生の首切りして、公務員を削減したわけですし。もともと日本の公務数の低さって、異常なんですよ。安定雇用を作れば、景気の回復にもいいんじゃないですかねぇ。お金は循環しますから。公務員だって納税してるんですよ。問題を見誤っているのではないかと、思うのです。行政が「素敵な奥さん」みたいなしみったれたことをいうのは、どうかと思う。文化が滅びます。

また少子化を憂いながら、保育所を民営化していくこの不思議。
安価できちんとした保育所に必ず入れるという保障のある場合、2人、3人と子どもを産むんだなぁというのが、周囲をみていての実感です。待機児童の「数」を減らせばいいというものではない。福祉の「質」をどう考えているのだろうか。また受益者負担がいわれますが、認証保育園で10万近くも保育料を払えるひとって、そんなにいるのかなぁと、これまた不思議に思います。

長期的でしっかりとしたビジョンをもつ必要があるのではないかと思います。
スポンサーサイト


google books

(2009-08-28)
google で英語の本について検索していたら、google booksに行き当たり、遅まきながらびっくりした。ここまでデータベース化されているとは思わなかったので…。
いやー、翻訳から当たった場合、原著を手に入れるのって本当に大変だったから、これはすごいわっとびっくりしたら、もう日本語もそれなりにデータベース化されているんですね。
(提供元はミシガン大学かカルフォルニア大学ばかり。
大学に入っている本が逆に憶測できるなぁ…)。

驚いたのは、キーワード検索機能もついていること。
名前を入れてみてたら、引用されている部分にもヒットする。
従来の本にはなかった検索機能がプラスされたら、無敵ですね…。

いや、これから出版ってどうなるんだろう?
どうやって、収益出すの?
そして専門家の意味って?
ブックオフが出版文化をかえたどころの話じゃないな、びっくりした。
徹夜の頭にガーンと来ました。

学会誌に書いたものが、いくつかPDF化のお願いが来て、そのうちPDF化されるとは思っていたんだけど(今はわたしは、学会発表くらいしかPDF化されていない)。
どうせ誰にも読まれないだろう学会誌だったら、PDF化は意味があるし、本の整理もしやすくなるのでありがたいとは思ったのだけど、書籍はどうなんだろう?

多くの人には読まれるから、承諾するほうがいいのか、
それとも、やはり拒否するのか。
選択しなきゃいけないとなったら、悩むだろうなぁ。


(2009-08-24)
ブログを更新していると、「そんな暇があるんだったら、原稿を書け…」と思われるんじゃないかと思ってびくびくしますが、パソコンの前で煮詰まるときほど、むしろ書いていることも多く…(←言い訳)。

社会学ってつくづく、結局本がないと何も書けないんだなぁということを実感しています。そうでないひともいるのかもしれないけれど、少なくともわたしはそう。

初めて就職して、研究室をもったとき、家のなかの本が研究室に収納されて、一瞬だけ広くなりましたが、やっぱり増殖しています。なぜかというと、…恐怖の2冊もちをしてしまうから。

必要な本って、どちらかに重点を決めてえいって置いてしまえばいいんでしょうけれど、やっぱり研究室と家を往復して、必要なときに「ああー、あちらに置いてあるままだー」っというようになり、簡単にアマゾンにいってしまうと、「まぁクリックすれば明日には届くし(下手をしたら当日)」と思って、ついつい、人差し指に力を入れてしまって、どんどん増殖。下手をすると、家(研究室)にないと思って買ったら、あったりするので、ルソーの『エミール』の下巻は、4冊くらい買ったような気がする(なぜ下巻なのかはわかるひとにはわかると思います)。文庫本は特になくなりやすい。

でもクレジットカードの明細をみたら、公共料金の支払いとオールアマゾンだけで、すごい金額になっていた月があって流石に怖くなって自粛しようと思っています。何のための図書館だー!!

とはいっても、図書館を当てにしないのが習い性になっていて、これではいけないと思って、今日図書館で25冊くらい(ごそっと棚が空いていました…)借りようとしたら、1冊延滞が判明し、研究室にもう一度取りに行って、その途中で用事をしたら、肝心の本をまた研究室に忘れてしまい、と何往復もしてしまいました。何なんだ…。

今日必要だと思って借りた本が25冊で、結局、他の研究室の本を足してみると、原稿を書く時に、やっぱり100冊くらいは必要なんですね。記憶に頼って書くと危険だし。さっき『女性史は可能か』を最初から読み直して、「ああー、わたしが言及したのは、『女の歴史を批判する』のほうだったかも」と思い不安になりましたが、やっぱりあっていて、ちょっとホッとしました(まだ書きあげていないからいいんですけれどね)。

司法試験の勉強をしている友人が昔、「一日最低6時間は勉強することが必要。それがあって初めて、今まで覚えたことを忘れないで済むの。8時間すれば、実質2時間勉強が前進したことになるのよ」といっていましたが、今はその言葉の意味が良くわかります。わたしたち研究者も、長くやっているとどんどんと覚えるべき内容が増えてきて、それでいて人間だから忘れやすくもなります。つねに新しい知識を入れるだけではなく、今までの知識を忘れないように勉強せねば。最悪なのは、若いときには勉強したのに、そのあと勉強するのをやめてしまうことで、そうなると学生さんに古い自分の知っていることだけをゴリゴリと押し付けることになりますから、それは本当に最悪だなぁと思う。

なんだかいつも同じようなことばっかり書いている気がするのは、どうしてなのかしら? ははは…。




Coming back from San Francisco

(2009-08-20)
日本に帰ってきたら、酒井法子と地震とインフルエンザ流行がすごいニュースになっており(酒井法子は出国前からなので、なんとなくフォローしていますが)、ちょっとびっくりですが、アメリカ社会学会参加に参加して、あとは大学の聞き取り調査に行ってきました。

アメリカ社会学会は意外な方々にもお会いして、とても楽しかったです。今年は、大きな企画としてはオバマとファミリー関連と、コスモポリタニズムについてに出ましたが、オバマに関しては、「怒れる黒人」というアメリカ社会の表象がとても興味深かったです。コスモポリタニズムは、ベックやサッセンが登壇し、ドイツ人ベックのために、かなりゆっくりとした英語でお話してくれたため、とても理解しやすかったです。この手のコスモポリタニズムの話がアメリカVSヨーロッパの文脈で議論を戦わされても、日本はどこにも位置づかないんだけどなぁということをしみじみと思わされましたが…。

それ以外のパネルはもう少し家族関係のものに出るべきだったなと反省しました。アメリカでは、言語の壁もあるため、実証的な研究のほうが面白い。理論的な研究はそれほど日本と事情もレベルも変わらないために(発表時間も短いし)、それほど認識利得はないのです(本当に新しいことだったら、恐らく英語で聞きとっても理解は深くならないし)。来年以降の反省点にしよう…。

大学の聞き取り調査は、主に性暴力への取り組みですが、それはもう本当に有意義でした。しかも、「こちらこそモノリンガルでごめんなさい」とかいってくれたりして、とても優しい対応にも心温まりました。流石カルフォルニア…!!

カルフォルニアは、東海岸とは全然違い、アジア人も多く、「外国人扱いされている…!!」と思う瞬間が今回は一度もなくて、本当にびっくりしました。東にいると一日に何度かは、「これが差別というものなのだな」と感じることが多いのですが(そもそも東洋系が少ないし)、今回は、カルフォルニアののんびりしたペースで、お店でも何でもそもそもお客にもゆっくりと簡単なセンテンスで話しかけることが徹底されていて何だか地元で暮らしているかのような気分が味わえました。いや、東でも暮らしていたのですが、そのときもずっと「わたしはたまたまここにすれ違っている異邦人」という気がしたので。

水村美苗さんの『私小説 from left to right』をNYに滞在中に読み、そのなかで、「わたしたち姉妹がもしも西海岸に住んでいたらかなり違っただろうね」と語りあう件があり、そのときも「そうだろな」とは思ったのですが、アジア系やラティーノに交じってむしろ白人のほうがマイノリティのサンフランシスコで、「もう全然違うアメリカ経験だろう」と実感しました。今回は偶然、伊藤比呂美の『とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起』をもっていき、カルフォルニアのじりじりするような底抜けの暑さを重ね合わせて読めてとてもよかった。

とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起
伊藤 比呂美
講談社
売り上げランキング: 68314



何よりもカルフォルニアでは、カフェでアジア人とラティーナが話していたり、白人とアジア人がいたり、いや、本当に当たり前のことなんですが、学生やインテリ以外でも、異人種間で親しい付き合いがあるのだという感じにびっくりしました。NYでももちろんあったんでしょうが、異人種が個人的に親しく親密にしている光景に、相当違和感があるのも変かな? でも不思議な感じがしました。

うーん。肝心の調査のことから論旨が外れてますが、それはまた今度。2週間も日本語を書かないでいたら、どうやっても言葉が上滑りしているような感覚を拭えません。これからちょっと、原稿に集中させて貰う予定なのですが、大丈夫かなぁ…。心配。いつもはなんだかんだと書きものをしているものなんですね。

あ、そうそう。『in touch』読んでいたら、ありました。out of the blueという表現。気がつかなかっただけなのか。


プロフィール

千田有紀

Author:千田有紀
メールはsendayuki☆☆gmail.com(☆☆を@に変える)にお願いします。東京外国語大学のアカウントとソネットのアカウントは、すでに使用を中止しています(はじかれませんが読めません)。

引っ越しました
Tokyo日記より引っ越しました。よろしくお願いします。 管理人は、千田有紀です。学歴職歴などの経歴はこちらを。今までの著書、編著論文翻訳事典ほか時評ほか書評学会発表研究助成活動は、それぞれクリックしてください。カテゴリーの業績一覧をクリックしていただければ、もっと早いです。 前の日記で書いたBLスタディーズは、こちら。ほかの方にも取りあげて戴いたので、リンクをはっておきます。 業績などの一覧は大学のHPでも見れます。こちらのほうがきちんとまとまっております。
Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
今までの論文
今まで書いた論文の一部を紹介します
日本型近代家族―どこから来てどこへ行くのか
千田 有紀
勁草書房
売り上げランキング: 53897
日本の近代家族について。ここ10年ほど書きためたものと、1990年代以降の変化を踏まえて日本の近代家族をどうとらえればいいのかの書き下ろし。
上野千鶴子に挑む
上野千鶴子に挑む
posted with amazlet at 11.08.29

勁草書房
売り上げランキング: 61697
いちおう上野さんの退職記念論文集です。あまりない形式かもしれませんが…。
喪男の社会学入門 (アフタヌーンKC)
カラスヤ サトシ 千田 有紀
講談社 (2010-09-22)
アフタヌーンKCから出ていますが、いちおう対談本です。 もちろんカラスヤさんのマンガもふんだんに。
女性学/男性学 (ヒューマニティーズ)
千田 有紀
岩波書店
売り上げランキング: 2228
ヒューマニティーズのシリーズのなかの1冊です。いちおう「高校生にもわかるように」書いたのですが、どうでしょうか? でもですます調で、わかりやすくを心がけています。
日本家族史論集〈1〉家族史の方法

吉川弘文館
売り上げランキング: 939397
「『家』のメタ社会学:家族社会学における『日本近代』の構築」が掲載されています。日本家族史論集のシリーズの初巻です。 「家族社会学の現在」が掲載されています。
これからの家族関係学 (武蔵野大学通信教育学部テキストシリーズ)
土屋 葉
角川学芸出版
売り上げランキング: 300248
「さまざまな『家族』のかたち」、「家族規範の成立と変容」。教科書です。
リブという“革命”―近代の闇をひらく (文学史を読みかえる)

インパクト出版会
売り上げランキング: 648492
  『資料 日本ウーマン・リブ史』について書きました。これは珍しく、思っていることを存分に書けた気がします。   画像がでませんが、戦後核家族論について書きました。
脱アイデンティティ
脱アイデンティティ
posted with amazlet at 08.09.22

勁草書房
売り上げランキング: 63595
ポジショナリティ論について書きました。いろいろあって、少し舌足らずかもしれません。今ならもう少し違ったように書けると思うのですが、そのときにしか書けないものもあるのかなとも思います。
構築主義とは何か
構築主義とは何か
posted with amazlet at 08.09.22

勁草書房
売り上げランキング: 50635
構築主義の学説史・理論的整理。思いがけず、たくさんのひとに引用してもらって、嬉しかったです。
アメリカという記憶―ベトナム戦争、エイズ、記念碑的表象
マリタ スターケン
未来社
売り上げランキング: 287944
エイズという表象についての章を訳しました。かなり興味深い論考で、アメリカに限らず、歴史と記憶、表象をめぐる政治について考えたい方にはお勧めです。
セクシュアリティ
セクシュアリティ
posted with amazlet at 08.09.22
ジェフリー ウィークス
河出書房新社
売り上げランキング: 400704
院生のときに訳したものですが、まだ古びてはいないと思います(かな?)。
戦後思想の名著50
戦後思想の名著50
posted with amazlet at 08.09.22
岩崎 稔 成田 龍一
平凡社
売り上げランキング: 156900
川島武宜「日本社会の家族的構成」について。
“ポスト”フェミニズム (知の攻略 思想読本)

作品社
売り上げランキング: 128633
ネオリベラリズムとフェミニズムについてまとまったものを書いたのはこれが初めてでした。 「戸田貞三『家族構成』」、「有賀喜左衛門『日本家族制度と小作制度』」、「中根千枝『家族の構造』」について。渋いところですけど、面白いですよ。
倫理 2008年度 (2008) (NHKラジオ NHK高校講座)

日本放送出版協会
売り上げランキング: 423068
ラジオ講座のテクストです。とにかく綿密にチェックしていただいて、びっくりしました。かなりじっくり書きました。
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。