スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


民主圧勝

(2009-08-31)
選挙の結果が出ました。民主党の圧勝ですね。
途中経過をチラッとだけテレビで見ましたが、綿貫さんが
「小泉さんが、自民党をぶっ壊すといって、本当に壊してしまいましたね」
といったのが印象的。

いや本当に、今現在の状況も、そのあと次々と内閣が退陣しなきゃいけなかったのも、元をただせばすべて小泉さんにあるというのに、小泉さんが無傷なのは、何という皮肉かと思います。
自分の地盤を継がせて、次男まで当選させているし。
どういうことなんでしょうねぇ…。

前回の郵政民営化選挙のときには、「国民の判断」とやらに、すごく絶望的な気持ちになったのを覚えています。あのときに自民を支持し、今回民主に鞍替えした多くのひとに、郵政の民営化について今はどう思っているのか、聞いてみたい。嫌味ですけど。
そして当時、民主は自民以上に構造改革支持だったように、記憶しています。

現状の格差社会の出現のもと、皆は小泉以降の首相に「ノー」を突きつけました。
でも、現状を作り出したのは、すべて小泉構造改革なんだよねぇ…。
格差社会が問題だというのはわかっている、けれど構造改革はまだ必要だと思っていたりするひとが多数いるこの不思議。

公務員の首切りをやめて、公務員に安定雇用を。
大学の学問なんて役に立たなくていいし、象牙の塔でつまんない研究していても、研究費はあげましょう。
国民健康保険を払わないのに、保険だけ使うひとがいても、仕方ないよね。
生活保護の不正受給って許せる?

こういうことにイエスといえるようになってはじめて、格差社会を批判できるんだと思う。
「生活保護の不正受給をするやつがいるから、困るんだ。もっとちゃんと審査しろ。生活保護は、無駄だ」という舌の根の乾かないうちに、生活保護を貰えなくて餓死したひとに「ひどい。行政はしっかりしろ!」と怒るのって、矛盾していると思うんですよね。もちろんわたしも、生活保護の不正受給を支持しているわけでは決してないのですが、そんな例外的なケースをとりあげて(水際作戦しているのに)、生活保護一般を否定するような心性に、決別しない限り、格差社会は続けられるでしょう。

そもそも、公務員を削減したりしたら、一番弱い部署にしわ寄せがいくのなんて、あきらかです。それは、教育であったり、福祉であったりするわけですよ(官製ワーキングプアがでているのに、現場でしっかりするのも難しいですよね)。国立大学の民営化だって、文部科学省が弱い立場だから、大学の先生の首切りして、公務員を削減したわけですし。もともと日本の公務数の低さって、異常なんですよ。安定雇用を作れば、景気の回復にもいいんじゃないですかねぇ。お金は循環しますから。公務員だって納税してるんですよ。問題を見誤っているのではないかと、思うのです。行政が「素敵な奥さん」みたいなしみったれたことをいうのは、どうかと思う。文化が滅びます。

また少子化を憂いながら、保育所を民営化していくこの不思議。
安価できちんとした保育所に必ず入れるという保障のある場合、2人、3人と子どもを産むんだなぁというのが、周囲をみていての実感です。待機児童の「数」を減らせばいいというものではない。福祉の「質」をどう考えているのだろうか。また受益者負担がいわれますが、認証保育園で10万近くも保育料を払えるひとって、そんなにいるのかなぁと、これまた不思議に思います。

長期的でしっかりとしたビジョンをもつ必要があるのではないかと思います。
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

No title

昨日の民主の大勝には驚きました。。

これから良くなっていけばいいのですが(^_^;)

パソコン好きさん

勝つとは思っていましたが、あんなに大勝するなんてびっくりしましたね。本当にこれから良くなって欲しいです。
プロフィール

千田有紀

Author:千田有紀
メールはsendayuki☆☆gmail.com(☆☆を@に変える)にお願いします。東京外国語大学のアカウントとソネットのアカウントは、すでに使用を中止しています(はじかれませんが読めません)。

引っ越しました
Tokyo日記より引っ越しました。よろしくお願いします。 管理人は、千田有紀です。学歴職歴などの経歴はこちらを。今までの著書、編著論文翻訳事典ほか時評ほか書評学会発表研究助成活動は、それぞれクリックしてください。カテゴリーの業績一覧をクリックしていただければ、もっと早いです。 前の日記で書いたBLスタディーズは、こちら。ほかの方にも取りあげて戴いたので、リンクをはっておきます。 業績などの一覧は大学のHPでも見れます。こちらのほうがきちんとまとまっております。
Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
今までの論文
今まで書いた論文の一部を紹介します
日本型近代家族―どこから来てどこへ行くのか
千田 有紀
勁草書房
売り上げランキング: 53897
日本の近代家族について。ここ10年ほど書きためたものと、1990年代以降の変化を踏まえて日本の近代家族をどうとらえればいいのかの書き下ろし。
上野千鶴子に挑む
上野千鶴子に挑む
posted with amazlet at 11.08.29

勁草書房
売り上げランキング: 61697
いちおう上野さんの退職記念論文集です。あまりない形式かもしれませんが…。
喪男の社会学入門 (アフタヌーンKC)
カラスヤ サトシ 千田 有紀
講談社 (2010-09-22)
アフタヌーンKCから出ていますが、いちおう対談本です。 もちろんカラスヤさんのマンガもふんだんに。
女性学/男性学 (ヒューマニティーズ)
千田 有紀
岩波書店
売り上げランキング: 2228
ヒューマニティーズのシリーズのなかの1冊です。いちおう「高校生にもわかるように」書いたのですが、どうでしょうか? でもですます調で、わかりやすくを心がけています。
日本家族史論集〈1〉家族史の方法

吉川弘文館
売り上げランキング: 939397
「『家』のメタ社会学:家族社会学における『日本近代』の構築」が掲載されています。日本家族史論集のシリーズの初巻です。 「家族社会学の現在」が掲載されています。
これからの家族関係学 (武蔵野大学通信教育学部テキストシリーズ)
土屋 葉
角川学芸出版
売り上げランキング: 300248
「さまざまな『家族』のかたち」、「家族規範の成立と変容」。教科書です。
リブという“革命”―近代の闇をひらく (文学史を読みかえる)

インパクト出版会
売り上げランキング: 648492
  『資料 日本ウーマン・リブ史』について書きました。これは珍しく、思っていることを存分に書けた気がします。   画像がでませんが、戦後核家族論について書きました。
脱アイデンティティ
脱アイデンティティ
posted with amazlet at 08.09.22

勁草書房
売り上げランキング: 63595
ポジショナリティ論について書きました。いろいろあって、少し舌足らずかもしれません。今ならもう少し違ったように書けると思うのですが、そのときにしか書けないものもあるのかなとも思います。
構築主義とは何か
構築主義とは何か
posted with amazlet at 08.09.22

勁草書房
売り上げランキング: 50635
構築主義の学説史・理論的整理。思いがけず、たくさんのひとに引用してもらって、嬉しかったです。
アメリカという記憶―ベトナム戦争、エイズ、記念碑的表象
マリタ スターケン
未来社
売り上げランキング: 287944
エイズという表象についての章を訳しました。かなり興味深い論考で、アメリカに限らず、歴史と記憶、表象をめぐる政治について考えたい方にはお勧めです。
セクシュアリティ
セクシュアリティ
posted with amazlet at 08.09.22
ジェフリー ウィークス
河出書房新社
売り上げランキング: 400704
院生のときに訳したものですが、まだ古びてはいないと思います(かな?)。
戦後思想の名著50
戦後思想の名著50
posted with amazlet at 08.09.22
岩崎 稔 成田 龍一
平凡社
売り上げランキング: 156900
川島武宜「日本社会の家族的構成」について。
“ポスト”フェミニズム (知の攻略 思想読本)

作品社
売り上げランキング: 128633
ネオリベラリズムとフェミニズムについてまとまったものを書いたのはこれが初めてでした。 「戸田貞三『家族構成』」、「有賀喜左衛門『日本家族制度と小作制度』」、「中根千枝『家族の構造』」について。渋いところですけど、面白いですよ。
倫理 2008年度 (2008) (NHKラジオ NHK高校講座)

日本放送出版協会
売り上げランキング: 423068
ラジオ講座のテクストです。とにかく綿密にチェックしていただいて、びっくりしました。かなりじっくり書きました。
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。