スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


高橋大輔、銅

(2010-02-19)
今日は、いろいろな用事を片付けて、珍しく一日空けて、ずっとフィギュア見てました。
ああー、よかった。高橋大輔、銅。

前の日記にも書いたけど、正直いって、あんまり高橋のメダルを信じてなかったのでした。
トリノのときに、安藤美姫がメダル取るって思っていたフィギュアファンなんていなかったと思うけど(不調だったし、直前にプログラムを変えて、ほとんど練習していない)、「四回転で金メダル!!」というマスコミの煽りは激しいものだった、あれと同じかなと思っていたのでした。「サルコーを四回転しても得点でないし、今の安藤では成功させられないし、とてもメダルは無理」という指摘をしていたのは、安藤と上手くいってなかった渡辺絵美くらいだったし。人気があって、視聴率が取れるから、気の毒だなぁと思ってみていたけど。

高橋は本当に銅メダルで、よくやったなぁ…という感じ。4位以下とショートに点差はあったし、大かたの演技が済んでいたいい滑走順だったと思いますが、手堅く3回転をせずに、本当に4回転飛んだときは、びっくりしました。今季、一度も成功していないのに。だいたい試合でも1-2点しか取れてなかったし。練習でできないときには、入れないものだし、安全策を取ると思ったけど。結局、4位のランビエールとは僅差でしたね(決めて金を取りたかったんですねぇ。でも正直にいえば、3回転にしたほうが、メダルの順位は上がった可能性があるかもしれないと思う)。

ショートで中堅やメダル候補が脱落していくのを見て、やっぱりオリンピックの重圧ってすごいんだなあって思いました(とくにジュベールにはびっくり)。多くの国の代表で出るので、日頃見ない選手も見れるし(最初から通して見た)、後半は実力のある選手を一気に見れるという楽しみがあるので、世界選手権ともまた違いますね(放映されない)。

フィギュアの楽しみって、自分の採点と、実際に出た採点が、一致しないというか、そういうところに醍醐味もあると思う。正直にいえば、日本の選手が勝とうと思ったら、欧米の選手より圧倒的に実力がないと無理ですよね。そういう不条理を乗り越えて勝つというところに、感動します。旧採点システムよりも、新採点システムのほうが、演技は画一的になるけれど、基準がはっきりしていて、面白い(でも、やっぱり採点競技なので、細かくエラーを取るとか、PCSを盛るとかすることで、点数は簡単に動いちゃうけど)。

ショートが終わった時点で、(願望も込めて)予想した順位が当たったのでちょっと嬉しい。ジャンプも少なく、手堅くまとめる時間の短いショートは高橋は上手くいくのだけど、本当は織田あたりが3位かなと思っていました。織田に4回転を回避させて3回転にしたのは、高橋が4回転で失敗して沈んだときに、手堅くまとめていたほうがメダル圏内に入る、という判断があったからだと思います。織田は、靴ひもが切れるなんて、まるでドラマみたいですね。ちょっと気の毒。プルシェンコは、ショートから不調だと思いました。ライサチェックが勝つんじゃないかと思っていたんですが、プルシェンコ(好きなんだけど…)、終わったときに自分の勝利を確信していて、こぶしをあげかけましたね。

プルシェンコは不満もあらわにして、インタビュー中に席をたったらしいですが、旧採点方式ならプルシェンコが勝っても、ライサチェックは本当に手堅く取りこぼしがないプログラムだったので、新採点ではライサチェックに分がある気がします。気の毒だったのは、ウィアー。本当にウィアーの趣味が炸裂した世界で、わたしは好きなんだけど、それゆえに下げられた、という気もするのも事実。かなりブーイングが出ていましたよね。フリー、ショートともに。

個人的な順位の感想は
1位ライサチェック
2位プルシェンコ
3位高橋
4位ウィアー
5位織田
かな? 靴ひもがなければ、織田が高橋の上に行くことは、今季の成績を考えれば、じゅうぶんに考えられたと思います。ランビエールは、ああいうタイプの演技は好きだけど、ほとんどジャンプがクリーンに決まっていないのに、4位というのは、ちょっと出しすぎのように思います…。パトリック・チャンも、スケーティングは綺麗なんだけど、2回転んだ(んだっけ?)割には、出たなぁっていう感じがする。

社会学とはまったく関係のない、ミーハーな日記でスミマセン。
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

No title

>社会学とはまったく関係のない、ミーハーな日記でスミマセン。

むふふふふふ、男子シングルでも専門である社会学の観点をぜひ維持してください。
そしてペアやアイスダンスでは、「男女文化におけるアジア的後進性」みたいな切り口からのフィギュア論も欲すいなぁ。そう、「社会学者の視たフィギュアスケート」とか「フィギュアとジェンダー」みたいな題の論究がねwwwwww


プロフィール

千田有紀

Author:千田有紀
メールはsendayuki☆☆gmail.com(☆☆を@に変える)にお願いします。東京外国語大学のアカウントとソネットのアカウントは、すでに使用を中止しています(はじかれませんが読めません)。

引っ越しました
Tokyo日記より引っ越しました。よろしくお願いします。 管理人は、千田有紀です。学歴職歴などの経歴はこちらを。今までの著書、編著論文翻訳事典ほか時評ほか書評学会発表研究助成活動は、それぞれクリックしてください。カテゴリーの業績一覧をクリックしていただければ、もっと早いです。 前の日記で書いたBLスタディーズは、こちら。ほかの方にも取りあげて戴いたので、リンクをはっておきます。 業績などの一覧は大学のHPでも見れます。こちらのほうがきちんとまとまっております。
Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
今までの論文
今まで書いた論文の一部を紹介します
日本型近代家族―どこから来てどこへ行くのか
千田 有紀
勁草書房
売り上げランキング: 53897
日本の近代家族について。ここ10年ほど書きためたものと、1990年代以降の変化を踏まえて日本の近代家族をどうとらえればいいのかの書き下ろし。
上野千鶴子に挑む
上野千鶴子に挑む
posted with amazlet at 11.08.29

勁草書房
売り上げランキング: 61697
いちおう上野さんの退職記念論文集です。あまりない形式かもしれませんが…。
喪男の社会学入門 (アフタヌーンKC)
カラスヤ サトシ 千田 有紀
講談社 (2010-09-22)
アフタヌーンKCから出ていますが、いちおう対談本です。 もちろんカラスヤさんのマンガもふんだんに。
女性学/男性学 (ヒューマニティーズ)
千田 有紀
岩波書店
売り上げランキング: 2228
ヒューマニティーズのシリーズのなかの1冊です。いちおう「高校生にもわかるように」書いたのですが、どうでしょうか? でもですます調で、わかりやすくを心がけています。
日本家族史論集〈1〉家族史の方法

吉川弘文館
売り上げランキング: 939397
「『家』のメタ社会学:家族社会学における『日本近代』の構築」が掲載されています。日本家族史論集のシリーズの初巻です。 「家族社会学の現在」が掲載されています。
これからの家族関係学 (武蔵野大学通信教育学部テキストシリーズ)
土屋 葉
角川学芸出版
売り上げランキング: 300248
「さまざまな『家族』のかたち」、「家族規範の成立と変容」。教科書です。
リブという“革命”―近代の闇をひらく (文学史を読みかえる)

インパクト出版会
売り上げランキング: 648492
  『資料 日本ウーマン・リブ史』について書きました。これは珍しく、思っていることを存分に書けた気がします。   画像がでませんが、戦後核家族論について書きました。
脱アイデンティティ
脱アイデンティティ
posted with amazlet at 08.09.22

勁草書房
売り上げランキング: 63595
ポジショナリティ論について書きました。いろいろあって、少し舌足らずかもしれません。今ならもう少し違ったように書けると思うのですが、そのときにしか書けないものもあるのかなとも思います。
構築主義とは何か
構築主義とは何か
posted with amazlet at 08.09.22

勁草書房
売り上げランキング: 50635
構築主義の学説史・理論的整理。思いがけず、たくさんのひとに引用してもらって、嬉しかったです。
アメリカという記憶―ベトナム戦争、エイズ、記念碑的表象
マリタ スターケン
未来社
売り上げランキング: 287944
エイズという表象についての章を訳しました。かなり興味深い論考で、アメリカに限らず、歴史と記憶、表象をめぐる政治について考えたい方にはお勧めです。
セクシュアリティ
セクシュアリティ
posted with amazlet at 08.09.22
ジェフリー ウィークス
河出書房新社
売り上げランキング: 400704
院生のときに訳したものですが、まだ古びてはいないと思います(かな?)。
戦後思想の名著50
戦後思想の名著50
posted with amazlet at 08.09.22
岩崎 稔 成田 龍一
平凡社
売り上げランキング: 156900
川島武宜「日本社会の家族的構成」について。
“ポスト”フェミニズム (知の攻略 思想読本)

作品社
売り上げランキング: 128633
ネオリベラリズムとフェミニズムについてまとまったものを書いたのはこれが初めてでした。 「戸田貞三『家族構成』」、「有賀喜左衛門『日本家族制度と小作制度』」、「中根千枝『家族の構造』」について。渋いところですけど、面白いですよ。
倫理 2008年度 (2008) (NHKラジオ NHK高校講座)

日本放送出版協会
売り上げランキング: 423068
ラジオ講座のテクストです。とにかく綿密にチェックしていただいて、びっくりしました。かなりじっくり書きました。
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。